2018夏感想

でずにー行きました。楽しかったです。

f:id:coolonzuya:20181013231416j:image

最後に行ったのが3年くらい前だったけどそん時はアトラクションキッズだったので富士Q行けば?って感じだった。でも今回はでずにーさんの世界観を少し楽しめたかなーって。

 

今回はパレードを少し真面目に見てみた。と言ってもゲームで知ったキャラクターをひたすら指を指して名前言うっていう害悪だったけど。それでも自分の知ってるキャラクターがみんなに囲まれて、声援に包まれて、そしてその声援に応えてって姿はさながらアイドルであったなと。というよりも本来の意味に近いアイドルだったのかもしれない。

 

聞けば年パス取る人はアトラクション目当てではなくパレードを目的としたり、夢の国という世界観により現実を忘れる目的で行くんだとか。(キッズすぎてアトラクション乗る目的だと思ってた)

陰キャゲームオタクは現実逃避なんてお手の物ですしへーって感じだったんですけどもナナシスを知ってからはそういった考え方も変りつつあって、ああいう世界観というのはやはり凄いなと改めて思った。今更すぎるけども。

あと個人的にエリアを分けてるのは頭良いなーって。エリア毎に世界観を作る。それは料理や建物もしっかりと作り上げている。ホントのサービス業って言うのはこういうものなのかもしれない、なんて思いました。

語彙力も記憶力も無いんでまた行く機会があったらもう少し真面目に考えつつも全力で楽しみたいなーって思ってます。実は今回も結構楽しかったし。

 

前置きがあまりにも長くなってしまった結果本編であるアニメの話はくっそ短くなりそうだけどそもそもそんな見てないからちょうどよさそう。

1.つよい

2.ふつう

3.ざこ

 

1.あそびあそばせ、トネガワ

2.はねバド

3.なし

 

あそびあそばせは文句無いと思うし、実際かなりおもろかった。ひなまつりとかは後半(というか5話くらい)で飽きちゃったんだけどこれは最後まで割と楽しめた。あと2話くらい続いてたら2に落としてたけど。勢いで誤魔化すのは好き。下品な笑いって感じで非常にグッドです。

トネガワは普通におもろかった。シリアス系のギャグは結構センス問われる(もしかしたらそうでもないのかも?)と思うけどツボに入って毎回おもろかった。今期はニコニコ動画で見てたからコメントでゲスとナレがくっそ叩かれてたけど両方好きなのでうーんって感じだった。

はねバドはクソ。原作読んでた人はみんな不満ぶちまけてたのを見て笑った。個人的に一番好きだったのが「アニメは益子泪の同人作品」系のコメントで、次におもろかったのが公式四コマにリプライで付いてた「こっちの方が原作遵守してる」みたいなやつ。まぁある種のギャグアニメとして見れてたので辛うじて2って感じだった。封神演義までいくと3。

 

秋はジョジョ5とかやがて君になるとかおもろいし、メイドのやつも動画工房って時点で神なのに笑えて強い。またアニメオタクになれそうだ。