おtk

二次元アイドルに今までまぁまぁハマっては別のにってのを繰り返し、今はちょっと長めにナナシスに落ち着いてるので、自分のアイドルソング観を書き残しておこうかなと
もはや公開する必要が感じられない日記だけど。

 

 

ラブライブ

アニメオタクになったのがこの時期(アニメラブライブ二期放送ちょい前くらい)で、それまでは普通のj-popとかj-rockとか聴いてた。
正直ラブライブのアニメも「みんなが面白いって言ってるし面白いんだろう」みたいな感じで、そんな真剣にアニメは見てなかった。
じゃあなんでこんなハマってたのか考えてみたらアレ、スクフェス
あのゲームやってた人はわかると思うんですけど、古い曲から解放されるじゃないですか。そんで、アニメ前の曲(具体的には)


これのdisc1あたりだと思う(詳しくはわかんねぇ)

ぼく、ここら辺が最高に好きだったんですよね。unbalanced loveとかも神。
ただ、アニメ化後(特に二期)から別人か?????ってなった気がする。すげぇ声が甘ったるくなった

でも人間って不思議なもので、毎日聴いてると感覚がマヒするんですよね。 好きではないが嫌いではないって感じに気がついたらなっていた。

その後は映画、そんでサンシャイン。
サンシャインの圧は特にすごかった。わざわざ書く必要もないと思うけど

結局、何が書きたいかっていうと、初期の歌声はこんなに甘ったるくはなかったなって。



アイマス

ラブライブの後にアイマスっていうにわかルートなんですけど、言い換えるならば他に大きな二次元アイドルコンテンツを知らなかったから立ち寄ってみたって感じですね。(便宜上、シンデレラ・ミリオンもまとめてここで)

上で述べている通り、甘い声をあまり受け付けられない状態で入門してるので、好きな曲・嫌いな曲の取捨選択はすげー早かった。

ミリオンは特に好きな曲多いなぁって思いました。馬場このみさんとか曲も見た目も推せる。
無印はI'm so freeがクッソおしゃれで大好き。自分REST@RTも神。
シンデレラはどのタイミングでアニメ挟んだのか分からないけど、速水奏Hotel Moonsideと大槻唯のRadio Happyの2曲がめっちゃ好きです。調べたら作曲者が同じで自分の感性やるやんってね。

シンデレラは他のアイマス系よりも可愛い感じの曲が多いなぁってのは聴いてて思いました。twitterとか見てても女性ファンが多いのもそういう曲調だったり、キャラ立ちだったりがあるなぁっていつも思ってる。

 

 

雑食期

 

この時期は割と普通の(こう書くとアニソンがおかしいみたいな書き方だけど)聴いてた。
結構古めの曲を聴いたり。
アイドル系だとアイカツ、プリパラの曲を聴いたり。
そういえば乃木坂あたりにも少し手を出してた。

このあたりでガールズバンド(というか女性ボーカルのバンド)にハマったのかもしれない。
元々go!go!7188とかHysteric blueとか聴いてたけど、Hello sleepwalkersとかyonigeを知ったのもここらへんだった気がする。

あと古めのだとストレンジカメレオン。ここら辺の曲を知れたのはわりと幸運だった

CAPSULE知れたのもデカいな。

ちなみに、アイカツとかも声が甘ったるそうみたいなイメージあるけど実際はそんなことなくて、おしゃれな曲も多かったりする。
後日これについても書きたいけど、女児向けアイドルコンテンツと(比較的)僕ら向けのアイドルコンテンツは見てるところが違うよなぁって思ってます。

 

 

ナナシス


ようやく現状に着いた。
浅瀬なりにも色々なアイドルコンテンツに触れてきました。

こんだけ好き嫌いしてる僕がこの場所で一年以上居座れている。
つまりはナナシスの曲って甘ったるい歌が少ないんだと思います。いや、あるにはあるんですけどね。

よくナナシスは曲だけはいいって言われる所以はここにもあると思います。インストも強いけどそれは他のアイドルコンテンツにも言えることだと思うし。

もちろん可愛い曲もいいと思う。別にそれを批判するつもりはないです。
さっきは書かなかったけどラブライブのもぎゅっととかデレのYPTとかきまぐれcafé au laitとかナナシスのたいくつりぼんとか大好きだし。

 

でも結局僕が好きな曲のタイプは比較的アニソンらしくないというか、EDM調のものなのかなって(引きこもりオタクだけど)
あとは昔からよく聴いていたロックバンド系。
これらを同時に楽しめるコンテンツが僕の知る限りナナシスしかないからこれだけ長く楽しみながら追えているのかなって。

来月の四周年、ナナシスオタクのみんなで期待して待ちましょう。

 

余談だけどナナシスオタクはたぶんCAPSULEの曲めっちゃ好きだと思います。