ゲームの課金無課金

昼頃、こんなツイートがあった。

冥府はづき on Twitter: "サービス終了をツイートしてる某ゲーム公式アカへのリプライに「急に終わるなんてひどいです、無課金でがんばってるのに!」てのを見て、それだろって思った"

 

 

それに対しこんな意見

kokotan on Twitter: "@hazuki0201 といっても「基本無料」を謳って配信したコンテンツなんだから一定数無課金ユーザーが存在するのは大前提だしなぁ。そんなにお金を払って欲しいなら最初から買い切り型にするしかない。「多くの人に金を支払うだけの価値がないと判断される、その程度のゲームだった」のが一番の問題なんじゃ。"

 

これらはともに考え方としては間違っていないし、意見として存在していていいと思う。

 

まず前者に対して。

無課金だからゲームが終わってしまって悲しい

この発言が本当に「ゲームに課金しなかったから終わってしまうとは思わなかった」という意味なのかと聞かれたらおそらくは違うんじゃないかなって思う。ぼくも特に課金しないで遊んでいるゲームはあるし実際にそのゲームがサービス終了してしまったら悲しい。くらいにしか思わないと思う。

そりゃストーリーを最後まで読み切りたかったとかそういう後悔はあるとは思うけどそこでその感情は終わる。次のソシャゲを探すかってなるし。

 

そんで後者。これは今のスマホゲー社会だよなって。

基本無料を謳っている以上、無課金ユーザーが存在するのはしょうがない。かといって無課金ユーザーが限りなく存在しない、課金前提のゲームにしようとするとそれはそれでダメってのは最近目のあたりにしたし難しそう。

少し話がずれたけど、結局無課金ユーザーは最期まで無課金で遊ぶと思う。(中には途中でジョブチェンする人もいるけど)

そしてこの話は最初にも書いたけど課金ユーザー無課金ユーザー、どちらが正しくてどちらかが間違っているって話じゃない。両者共に正しい。ただゲームに対する価値観が違うってだけ。ぼくはあまり服とか気にしないオタクだから服屋が潰れても何とも思わないけどファッションマンは一つ潰れたら何らかの感情を持つと思うし。例えがヘタクソだな。

つまりはそのゲームが無くなっても何とも思わない人は特別金を入れなくてもいいと思う。

逆にそのゲーム、コンテンツが続いっていってほしいって切に願うユーザーなら金を入れるべき。一度本当に遊んでいたゲームがサービス終了の現実叩きつけられた人ならこの気持ちめっちゃわかると思うんですよ。(戦国大s)

 

だから無課金は金入れないからクソ!って考えは間違ってないけどそういう話じゃない。

金を入れればコンテンツの寿命は延びるし金入れられる人は入れていきましょって話。